医療脱毛 周期

医療脱毛は毛周期に合わせての施術が効果的

医療脱毛の治療は一定の期間をあけて予約を取りますが、毛の周期に合わせて施術をするのが基本です。効果は高い医療レーザーの機器ではありますが、毛が勢いよく生える時期にレーザー照射をしてこそ、高い脱毛効果を発揮します。

医療機器での脱毛と人間のヘアサイクル

医療脱毛でも重要視をしているのが毛周期であり、大きくは3段階に分かれています。細かく言えば成長初期などもありますが、成長期があり退行期へと移行をして、やがて休止期の時期に入るのがステップです。医療レーザーでの施術に適しているのは成長期であり、毛母細胞の分裂が皮膚の下で活発になり、新しい体毛が伸び出します。栄養は毛細血管よりたっぷりと取り込めるので、太くて丈夫な毛がすくすくと表皮の表へと出て行くので、レーザー反応がとても良い時期です。成長期と通り越すと毛母細胞の分裂がひと段落して、退行期の時期がやってきます。レーザー照射の影響を受けているので、毛と毛乳頭との結合は自然に緩み、体毛は上の方へあ仕上げられていき、休止期には完全に抜けていく流れです。

医療レーザー脱毛のレーザーが反応を示す時期

記事のイメージ画像

医療脱毛でのレーザー照射で反応を示すことができるのは、成長期の時期の体毛です。休止期と退行期の周期にいくらレーザー照射を行っても、既にレーザーでの反応を受けているので、毛は組織から離れた状態です。成長期の絶頂期にレーザー照射を行い、期間をあけないで退行期や休止期に、いくら医療レーザー照射をしたとしても、それ以上の短期的な脱毛効果には至りません。レーザーは黒色の色素にのみ反応をする特徴があり、メラニンの薄い休止期などの毛には反応は鈍いです。早く医療レーザー脱毛を終わらせたいと考えても、人間の体毛の都合が優先されるのが医療レーザー脱毛なので、毛周期を守ることが最も良い脱毛になります。

1回の成長期の毛で全てが完結しない理由

成長期の体毛へのレーザー照射をしても1回では終わらないのは、成長期の体毛が全てではないからです。体毛の全体からしたら20パーセント程の割合であり、1回のレーザー照射で処理できるのも、20パーセントということになります。単純計算でいけば1回が20パーセントであれば、5回の医療レーザーの照射で100パーセントですが、結果には個人差があるので一概には言えないです。体毛の太さや濃さ等にはその人の、体内のホルモンバランスも関わりますし、毛根によってもサイクルには違いはあります。多くのクリニックではヘアサイクルを重視して、2ヶ月か3ヶ月ごとの施術が基本です。こうした背景があるので、クリニック脱毛は5回から6回のコース契約を推奨しています。

まとめ

医療脱毛の効果を高めて脱毛の結果を得るのであれば、毛周期に合わせてのレーザー照射がベストです。クリニックに予約を入れる時期は、いつも成長期に当たるようにして、退行期と休止期はクリニックへの通院はお休みの時期になります。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

VIOラインを気にするなら医療脱毛しましょう
医療脱毛施術の効果はかなり高いといえます
回数が少なくて済む頼もしい医療脱毛
医療脱毛施術時に生じる痛みと対処
医療脱毛を利用して全身をターゲットにする
医療脱毛施術にかかってくる料金を確かめてみよう
医療脱毛をクリニックで受けてみよう。費用はどのくらいか。保険の適用は。
医療脱毛時は日焼けはいけません
医療脱毛が有するメリットと注意点
医療脱毛で最終的に産毛のように目立たなくする
レーザーで医療脱毛施術を受けてみましょう
医療脱毛なら埋没毛も綺麗に脱毛できます
医療脱毛施術の仕組みを理解して利用する
医療脱毛は未成年の方も親の同意があれば可能です
医療脱毛とエステでの光脱毛との違い
医療脱毛と肌の黒ずみ部位の脱毛と変化
医療脱毛を受けるにあたり知っておきたい注意点
医療脱毛施術を受けることができる場所の選び方は
医療脱毛の施術は、出力を調整しながら行っています
これから初めて医療脱毛施術を受けると言う人は
医療脱毛は生理中の予約はどうするべきか
医療脱毛した翌日にすべての毛は抜けないもの
医療脱毛の予約は各自のヘアサイクルに合わせる
確実に早いスピードで結果を出したいなら医療脱毛施術