医療脱毛 痛み

医療脱毛施術時に生じる痛みと対処

医療脱毛は医療現場で使われる機器を使う強力なマシンなので、医療レーザー照射時には痛みがあります。脱毛サロンでは光脱毛を採用しているので、デリケートゾーン以外はそれほど刺激はないものの、医療レーザー脱毛の場合は刺激を感じやすいです。

医療レーザー脱毛照射の刺激はやせ我慢は不要

医療脱毛の施術時には刺激を感じやすいですが、医療レーザーにやせ我慢は必要ありません。医療レーザー脱毛は設定できる出力も高く、その分だけ刺激も強いですが、痛みが強いことがイコールで、医療脱毛効果が高いわけではないためです。涙が出るような刺激を感じるのを我慢することは、脱毛効果や肌へのマイナスの影響となることもあるので、スタッフに伝えます。耐えられる刺激であれば話は別ですが、耐え切れないほどの痛みは我慢などはしないことです。スタッフは要領を得ていますので、その人にとって無理のない医療脱毛ができるように、痛み軽減対策をしてくれます。冷却ジェルを再度塗り直したり、レーザーの設定自体を低くしたり、保冷剤で患部を冷却したり、細やかな配慮があるので安心です。

レーザー照射の刺激対策として医療用麻酔の手段も

医療脱毛レーザー照射施術時の刺激対策として、医療用麻酔の利用も対策となります。脱毛サロンは病院ではないので麻酔などはないですが、クリニックは病院なので麻酔を使うことが許可されている場所です。医療レーザーの刺激に不安を感じるのであれば、事前にスタッフに伝えておいて、麻酔を利用することができます。脱毛パーツに塗る麻酔や、時間を置くことなくその場で麻酔効果を発揮する、笑気麻酔など種類もいろいろです。ひとつ知っておくべきことは、医療用の麻酔を使うにあたり医療レーザー脱毛の費用以外に、麻酔代金が別途発生します。医療レーザー脱毛で麻酔を希望するときには、クリニックでの麻酔料金を確認してからが安心です。

医療脱毛をスムーズにするためにできる日常のケア

医療脱毛での痛み軽減対策は、日々の生活の中で自分でもできることがあります。医療レーザーの照射は確かに刺激がありますが、肌のコンディションを日頃から整えておくことで、刺激の感じ方がだいぶ違うので、肌のケアは重要です。脱毛をすると肌からは水分量が少なくなるので、いつもよりも皮膚が乾きやすくなりますが、乾燥をした皮膚はあらゆる刺激に弱くなります。些細な刺激にも皮膚は過剰に反応をするので、パワーのある医療レーザー脱毛を受けるときに、乾いた肌では刺激を強く感じやすいです。クリニックへ行かない時期には自宅での、肌への保湿のスキンケアが良い対策になります。ボディローションやボディクリームを愛用して、プルプルの肌にしておくと、医療脱毛時の痛みも軽減されるので、やって損はないことです。

まとめ

エステと比較をしても医療脱毛は刺激を感じやすいですが、医療脱毛の痛み軽減対策はあります。クリニックで用意をしている麻酔を利用もできますし、スタッフに伝えて肌を冷やしてもらったり、日々のスキンケアも対策になるので実行です。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

VIOラインを気にするなら医療脱毛しましょう
医療脱毛施術の効果はかなり高いといえます
回数が少なくて済む頼もしい医療脱毛
医療脱毛を利用して全身をターゲットにする
医療脱毛施術にかかってくる料金を確かめてみよう
医療脱毛は毛周期に合わせての施術が効果的
医療脱毛をクリニックで受けてみよう。費用はどのくらいか。保険の適用は。
医療脱毛時は日焼けはいけません
医療脱毛が有するメリットと注意点
医療脱毛で最終的に産毛のように目立たなくする
レーザーで医療脱毛施術を受けてみましょう
医療脱毛なら埋没毛も綺麗に脱毛できます
医療脱毛施術の仕組みを理解して利用する
医療脱毛は未成年の方も親の同意があれば可能です
医療脱毛とエステでの光脱毛との違い
医療脱毛と肌の黒ずみ部位の脱毛と変化
医療脱毛を受けるにあたり知っておきたい注意点
医療脱毛施術を受けることができる場所の選び方は
医療脱毛の施術は、出力を調整しながら行っています
これから初めて医療脱毛施術を受けると言う人は
医療脱毛は生理中の予約はどうするべきか
医療脱毛した翌日にすべての毛は抜けないもの
医療脱毛の予約は各自のヘアサイクルに合わせる
確実に早いスピードで結果を出したいなら医療脱毛施術