医療脱毛 生理中

医療脱毛は生理中の予約はどうするべきか

医療脱毛を始めるのは嬉しいこととして、女子の場合は生理の関係があるので、生理中は施術可能か確認は必要です。生理期間であっても脱毛のお手入れは可能なクリニックもあれば、生理になったらその時期はお休みのクリニックもあります。

生理の時に脱毛ができないのはなぜか

記事のイメージ画像

生理時期が医療脱毛に重なると完全にお休みになるは、VIOラインの医療レーザー脱毛です。生理中は経血で衛生面のことも関わりますし、雑菌などが侵入してもいけないですし、ほかのお客さんへの何かの感染が起きても困ります。女性は生理になると、体調を置き汲み出しますが、体内ホルモンが乱れているからです。肌は非常に敏感な状態になるので、医療レーザー脱毛の刺激が強く感じます。生理で体調もイマイチなときに、医療レーザー脱毛の痛みを強く感じると、さらに脱毛が辛いと感じる要因です。デリケートゾーンの肌は薄くて敏感ですから、それがさらにひどい状態では、脱毛どころではなくなります。

デリケートゾーン以外のパーツの脱毛のみ

医療脱毛は生理中は完全にお休みというよりも、デリケートゾーンだけお休みが多いです。さすがに経血がありますし、肌もとても敏感な女体ですから、VIOパーツはお休みにも納得ができます。ほとんどのクリニックは、VIO以外の医療脱毛は可能です。生理期間の脱毛を水量はしているわけではないので、体調を考慮して脱毛予約を入れるかは、本人次第にもなります。生理の時にはデリケートゾーンだけではなく、全身の肌がすごく敏感になっている時期です。強い力をもつ医療レーザー脱毛の照射は、肌に対していつもよりも刺激が強いことは、覚悟をして脱毛に臨みます。体調との相談で生理が辛い時には、予約を変更するなどしたほうが良いです。

生理の時に医療レーザー脱毛受けるのであれば

生理中にVIOパーツ以外の医療脱毛を受けるのであれば、予約前はよく眠ることです。デリケートゾーン意外であれば医療レーザー脱毛は受けられるので、できるだけ体調を整えておくほうが良いので、睡眠不足にはならないようにします。睡眠が大事なのは寝ている間に、人間は体の中の修繕が行われるからであり、よく眠ると疲れも取れますし、体調も整いやすくなるからです。脱毛予約前になよく眠るのとともに、体を温める食事を食べるようにします。砂糖や炭水化物などばかりだと、体は冷えやすく生理も重くなりますが、温かいものを食べていると、体の調子は良いものです。野菜の多いお味噌汁とか、根菜類の煮物や、白湯を飲むようにするなど、対策はいろいろあります。

まとめ

医療脱毛を受けるにあたり女子は、生理中は控えたほうが本当は良いです。でもVIOパーツ意外であれば施術はできるので、本人の体調との相談で医療レーザー脱毛のお手入れは受けます。体をなるべく温めるようにして、できるだけ良いコンディションで脱毛を受けることです。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

VIOラインを気にするなら医療脱毛しましょう
医療脱毛施術の効果はかなり高いといえます
回数が少なくて済む頼もしい医療脱毛
医療脱毛施術時に生じる痛みと対処
医療脱毛を利用して全身をターゲットにする
医療脱毛施術にかかってくる料金を確かめてみよう
医療脱毛は毛周期に合わせての施術が効果的
医療脱毛をクリニックで受けてみよう。費用はどのくらいか。保険の適用は。
医療脱毛時は日焼けはいけません
医療脱毛が有するメリットと注意点
医療脱毛で最終的に産毛のように目立たなくする
レーザーで医療脱毛施術を受けてみましょう
医療脱毛なら埋没毛も綺麗に脱毛できます
医療脱毛施術の仕組みを理解して利用する
医療脱毛は未成年の方も親の同意があれば可能です
医療脱毛とエステでの光脱毛との違い
医療脱毛と肌の黒ずみ部位の脱毛と変化
医療脱毛を受けるにあたり知っておきたい注意点
医療脱毛施術を受けることができる場所の選び方は
医療脱毛の施術は、出力を調整しながら行っています
これから初めて医療脱毛施術を受けると言う人は
医療脱毛した翌日にすべての毛は抜けないもの
医療脱毛の予約は各自のヘアサイクルに合わせる
確実に早いスピードで結果を出したいなら医療脱毛施術