医療脱毛 注意点

医療脱毛を受けるにあたり知っておきたい注意点

ムダ毛の処理を医療機関で行うとしたら、美容皮膚科や美容外科クリニックなど、美容を取り扱う医療機関での施術が可能です。自分で行うカミソリや毛抜きでの処理とは違い、医療機関で行う特別な脱毛のためには、いくつかの気をつけるべきポイントもあります。

何があっても日焼けをしないことが大事

医療脱毛を受けるにあたり注意点として、日焼けには注意をすることです。医療レーザー脱毛の施術を受ける前後は、何があっても日焼けをしないことを意識して、日焼け止めクリームの塗布を日課とします。クリニックや美容皮膚科でも、ドクターやナースから注意点として、紫外線対策をするように言われるのは、医療レーザーは黒色のメラニンに反応をするためです。肌に日焼けをしてしまうと、皮膚の黒くなったメラニン色素に対しても、医療レーザーは反応をします。本来は体毛の成長させる組織のみに反応をして、毛を少なくさせるはずが、肌の黒いメラニンにも反応をすると、皮膚は火傷をするリスクが高いです。やけどのリスクから肌を守るためにも、紫外線対策は万全に行います。

ヘアサイクルを守って医療機関へ通うこと

医療脱毛の注意点として守るべきことは、ヘアサイクルに合わせての施術をすることです。脱毛を始める時には早く終わらせたい気持ちも高いので、期間をあまりあけないで、医療レーザーの照射を受けたいと考えるケースもあります。エステで取り扱う光脱毛の機器よりも、医療レーザー脱毛はパワーも強力です。しかしいくら医療レーザー脱毛の機器であっても、休止期の毛には反応はしません。人間の体毛にはヘアサイクルがあり、医療レーザーの施術が可能であり、反応を示すことが出来るのは成長期です。そのあとにやって来る退行期と休止期は、すでにレーザーで毛が根元から離れているので、いくらレーザー照射をしても反応はありません。

医療レーザー脱毛期間のムダ毛の自己処理

医療脱毛を受ける期間の注意点として、自己処理はシェービングのみです。医療レーザー脱毛を開始する前は、自分ありの方法でムダ毛の処理を行ってきた人も、医療機関に通う間はカミソリやシェーバーでの処理だけができます。やってはいけない方法としては、毛抜き処理やワックス脱毛、脱毛クリームた脱毛テープも処理方法として不適切です。T字の使い捨てカミソリや、電池式の顔用のシェーバーなどを利用して、気になる体毛をシェービングします。シェービングのみ可能な理由は、毛の根元を残すことができるためです。医療レーザー脱毛の仕組みとして、毛を成長させる毛乳頭などの組織へのアプローチが必要であり、毛を抜く処理をすると、根元のメラニンがなくなるので、レーザーの反応ができません。

まとめ

美容医療の世界は目覚しい発展をしていますし、脱毛は医療レーザーでという人も増えています。正しいケアをすることで、医療機関で行うスペシャルな医療レーザー脱毛は、効率的で最高の脱毛効果をもたらす方法です。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

VIOラインを気にするなら医療脱毛しましょう
医療脱毛施術の効果はかなり高いといえます
回数が少なくて済む頼もしい医療脱毛
医療脱毛施術時に生じる痛みと対処
医療脱毛を利用して全身をターゲットにする
医療脱毛施術にかかってくる料金を確かめてみよう
医療脱毛は毛周期に合わせての施術が効果的
医療脱毛をクリニックで受けてみよう。費用はどのくらいか。保険の適用は。
医療脱毛時は日焼けはいけません
医療脱毛が有するメリットと注意点
医療脱毛で最終的に産毛のように目立たなくする
レーザーで医療脱毛施術を受けてみましょう
医療脱毛なら埋没毛も綺麗に脱毛できます
医療脱毛施術の仕組みを理解して利用する
医療脱毛は未成年の方も親の同意があれば可能です
医療脱毛とエステでの光脱毛との違い
医療脱毛と肌の黒ずみ部位の脱毛と変化
医療脱毛施術を受けることができる場所の選び方は
医療脱毛の施術は、出力を調整しながら行っています
これから初めて医療脱毛施術を受けると言う人は
医療脱毛は生理中の予約はどうするべきか
医療脱毛した翌日にすべての毛は抜けないもの
医療脱毛の予約は各自のヘアサイクルに合わせる
確実に早いスピードで結果を出したいなら医療脱毛施術