医療脱毛 黒ずみ

医療脱毛と肌の黒ずみ部位の脱毛と変化

医療脱毛をする時に肌の色の状態は重要であり、黒ずみの多い部位は刺激を感じやすいです。脱毛ができないわけではないですし、肌の色を元の色に変えていく、スキンケアを普段からすることは前向きな方法になります。

肌の色素沈着のある箇所への脱毛

医療脱毛は黒いメラニン色素への反応で脱毛効果を示すのが特徴なので、黒ずみのある箇所は痛みが強めです黒いメラニンは毛の黒さだけではなく、肌に生じる黒い色にも反応をするので、肌が黒く色素沈着をしていると、肌の黒い色に反応をします。毛に対しての脱毛効果も出るには出ますが、照射をした時に皮膚のくすみなどに、レーザーや光が無駄に反応をするので、痛みをほかの部位よりも感じやすいです。医療レーザー脱毛マシンや、エステ脱毛マシンの、出力設定を低くして照射をしたり、肌と毛の状態で照射を変えていくことになります。肌は生まれ変わりますので、色素沈着をしているパーツも、保湿と美白で明るい肌にすることは可能です。

シミ治療にも使われるのいが医療レーザー

医療脱毛をすることは脱毛効果もしっかり出しますが、黒ずみ解消にも良いとされるのは、シミ治療にも使われるからです。医療レーザーは脱毛効果を高く発揮しますが、シミの除去治療にも使われることがあるので、脱毛でのレーザー照射も、色素沈着を解消させるひとつになります。メラニン色素はレーザーで破壊されますし、脱毛を受けている期間はいつも以上にスキンケアを行うのが一般的です。スキンケアで皮膚代謝が良くなるのも相乗効果で、色素沈着部位は次第に明るさが蘇ります。最初は医療レーザー脱毛目的であっても、肌のくすみや色素沈着のあるパーツにおいては、思わぬ副産物を手にすることにもなります。

色素沈着を起こさないお手入れを

肌に色素沈着を起こさないためにも、負担の多い自己処理は控えることです。T字カミソリを頻繁に肌にあてたり、ワックスを自己処理で行い一気にムダ毛を引き抜いたり、肌には大きな負担になるので、炎症は慢性化して肌荒れのもとになります。炎症がいつも起こっている状態は、治る隙を与えないことから、肌には黒ずみが生じやすくなりますので、自己処理は負担でしかない行為です。医療脱毛を始めることで、カミソリも毛抜きも頻度が下がりますし、最終的にはいらなくなるので、肌は回復をしやすくなります。皮膚のターンオーバーには時間が必要なので、ある程度の時間はかかりますが、やがて肌は明るさを取り戻ることが可能です。

まとめ

医療脱毛では黒ずみを解消するお手入れにもなりますし、保湿をよくすることで肌は変わります。皮膚の代謝が滞るから皮膚は黒くなりますが、順調なターンオーバーは皮膚を順調に、もとの明るい状態にすることが可能です。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

VIOラインを気にするなら医療脱毛しましょう
医療脱毛施術の効果はかなり高いといえます
回数が少なくて済む頼もしい医療脱毛
医療脱毛施術時に生じる痛みと対処
医療脱毛を利用して全身をターゲットにする
医療脱毛施術にかかってくる料金を確かめてみよう
医療脱毛は毛周期に合わせての施術が効果的
医療脱毛をクリニックで受けてみよう。費用はどのくらいか。保険の適用は。
医療脱毛時は日焼けはいけません
医療脱毛が有するメリットと注意点
医療脱毛で最終的に産毛のように目立たなくする
レーザーで医療脱毛施術を受けてみましょう
医療脱毛なら埋没毛も綺麗に脱毛できます
医療脱毛施術の仕組みを理解して利用する
医療脱毛は未成年の方も親の同意があれば可能です
医療脱毛とエステでの光脱毛との違い
医療脱毛を受けるにあたり知っておきたい注意点
医療脱毛施術を受けることができる場所の選び方は
医療脱毛の施術は、出力を調整しながら行っています
これから初めて医療脱毛施術を受けると言う人は
医療脱毛は生理中の予約はどうするべきか
医療脱毛した翌日にすべての毛は抜けないもの
医療脱毛の予約は各自のヘアサイクルに合わせる
確実に早いスピードで結果を出したいなら医療脱毛施術